買い換えるより修理がお得

作業員

壊れても焦らないで

今ではシリーズも10を超えるほど、大人気商品となったiPhoneですが、バージョンアップするごとに本体価格もアップしています。現在では本体が10万円を超えることもあり、小さなパソコンといっても過言ではないような機能性と価格を誇っていると言えるでしょう。そのため、多少の不具合や故障では買い換える人も少なく、壊れたまま使っているという人も多くいます。しかしその一方で壊れたままでは使いにくく、誤作動を起こしてしまったり、人前で使うのも恥ずかしく感じてしまうでしょう。そのため、故障や破損が起きてしまったらiPhone修理に出すのも良いといえます。販売元でも修理は行っていますが、修理に数万円の費用がかかる可能性もあるでしょう。しかしながら近年はiPhone修理を専門に扱う業者も増えており、割れてしまったディスプレイの修理や消耗したバッテリーの交換を1万円前後で行っている所も増えています。液晶に強い衝撃を与えてしまって液漏れを起こしているような状況や、ホームボタンが効かないような状態の場合、修理業者によっては対応できない場合もあるでしょう。それぞれiPhone修理業者には修理できる分野の得手不得手があります。そのため、事前にiPhone修理業者にメールや電話などで相談し、修理してもらえるかどうかを確認しておいたほうが良いでしょう。また、修理段階にならなければ実際にかかる費用が明確に算出できないこともあります。これらを踏まえた上で、業者とこまめに連絡を交わしながら、修理を進めたほうがよいかもしれません。